量産型・参戦服専門通販Oshifuku(オシフク)

量産型パジャマおすすめ5選!

量産型のアイテムとして出回っているアウターの中には、室内でパジャマとして活用できるものもたくさんあります。中でも、オーバーサイズやフリーサイズのゆったり感のあるパーカーやカーディガンはパジャマ代わりにおすすめです。今回は、パジャマとしても使える量産型のアイテムに注目し、デザインや着用感など気になるポイントを確認していきます。

そもそも量産型ファッションとは?

post
男性アイドルなどのライブ会場にいる女の子が似たような服装や髪型で参戦していたことからのネーミングです。そのことから参戦服とも呼ぶこともあります。アイドルのような全体的に統一感がある服装が特徴♡

量産型ファッションの歴史

量産型は、最初は女子大生がよくしているような、大量生産だけどお洒落な服、もしくはよくファッション雑誌に見るような量産されてるファッションという意味合いから始まったとされています。
量産型ファッションは、高価ではなく、わりとリーズナブルで手に入りやすいアイテムが多いので、女子大生たちを中心に広まったファッションの一つだと言われています。

ジャニーズやバンドの追っかけ

女子大生くらいの年齢は、異性にも興味が出て来るのに連れ、カッコいい男性や、ジャニーズやV系などのバンドなどのミュージシャンに憧れてきます。
そこでライブやイベントに通うようになると、推しのミュージシャンが出来てきます。
そしてお目当てのミュージシャンたちに「自分自身を認められたい」と思うようになり、より可愛らしい、より女の子らしいファッション、男ウケのよいファッションを身に付けるようになって来ます。量産型もそれに伴い、より女の子らしい感じのファッションになって来ます。

量産型と地雷系の違い

量産型女子と地雷女子は、どちらも明確な定義が決まっているわけではありませんが、簡単に言うと、量産型女子に闇っぽいイメージを追加したのが地雷女子です。
どちらも女の子らしい見た目で可愛さを重視していますが、量産型は明るめ、地雷系は暗めな印象になります。
量産型女子は明るめでガーリー系の見た目で、アイドルや舞台の会場で多く見られます。女の子らしくて可愛い流行ファッションを取り入れることが多いです♡
一方で地雷女子は女性らしいファッションの中にどこか闇を感じる見た目をしています。全体的に暗めの服装が中心で、周りに合わせることなく自分だけのこだわりを持っている人が多いです!
post

量産型オーバーサイズプルオーバーパーカーは可愛いパジャマが好きな人におすすめ

量産型オーバーサイズプルオーバーパーカーは、ピンクのワンカラーがベースのシンプルなデザインですが、ホワイトのフリルがアクセントとなっていて可愛らしい雰囲気があります。
長袖でゆったりと着こなせるサイズ感ですので、お出かけはもちろん、春や秋のパジャマとしても使えます。
同系統のスウェットパンツなどと合わせれば室内でもおしゃれを楽しめます。

量産型フリルハートパーカーはパジャマとして一着持っておきたいアイテム

量産型フリルハートパーカーは、ピンクを中心としたファンシーな色使いとハートの装飾が付いたアイテムで、パジャマなどルームウェアとして使いやすいのが特徴です。
セーラー服のような個性的なデザインが採用されており、室内でのコーディネートにもこだわる人に向いています。

量産型ボーダーラインオーバーサイズパーカーはインナーの上からおしゃれに着こなせる

量産型ボーダーラインオーバーサイズパーカーは、ホワイトの生地にブルーやピンク、グリーンのパステルカラーが入っており、部屋着にも適したアイテムです。
ほど良い厚さの生地で、同じカラーのシャツやカットソーなどインナーとも相性がよく、春夏のパジャマ代わりにもおすすめです。

量産型ニットローズボタンブロックチェックカーディガンを秋冬のパジャマに加えてみては

量産型ニットローズボタンブロックチェックカーディガンは、シンプルな二色のチェック柄で、秋冬のパジャマに取り入れることができます。
全体的に優しげな印象ですが、ボタンの代わりに付いているピンクのバラの花がアクセントとなっています。

量産型推し色マーブルカラーカーディガンをパジャマにして暖かく過ごそう

量産型推し色マーブルカラーカーディガンは、暖かさを感じるニット素材が使われており、6種類のカラーを選べます。
室内でパジャマ代わりに使う場合には、日替わりでカラーを変えておしゃれを楽しむこともできます。## そもそも量産型ファッションとは?

post

男性アイドルなどのライブ会場にいる女の子が似たような服装や髪型で参戦していたことからのネーミングです。そのことから参戦服とも呼ぶこともあります。アイドルのような全体的に統一感がある服装が特徴です。

量産型ファッションの歴史

量産型は、最初は女子大生がよくしているような、大量生産だけどお洒落な服、もしくはよくファッション雑誌に見るような量産されてるファッションという意味合いから始まったとされています。
量産型ファッションは、高価ではなく、わりとリーズナブルで手に入りやすいアイテムが多いので、女子大生たちを中心に広まったファッションの一つだと言われています。

ジャニーズやバンドの追っかけ

女子大生くらいの年齢は、異性にも興味が出て来るのに連れ、カッコいい男性や、ジャニーズやV系などのバンドなどのミュージシャンに憧れてきます。
そこでライブやイベントに通うようになると、推しのミュージシャンが出来てきます。
そしてお目当てのミュージシャンたちに「自分自身を認められたい」と思うようになり、より可愛らしい、より女の子らしいファッション、男ウケのよいファッションを身に付けるようになって来ます。量産型もそれに伴い、より女の子らしい感じのファッションになって来ます。

量産型ファッションと地雷系ファッションの違いは?

量産型女子と地雷女子は、どちらも明確な定義が決まっているわけではありません。
なお、世間では下記のイメージで分けられることが多いです。

量産型・参戦服専門通販Oshifuku(オシフク)では量産型の服を豊富に取り揃えています。

トレンドを押さえた今どき旬アイテムから、定番アイテムまでさまざまな量産型の服が似合うアイテムだけを取り揃えているので、「可愛い量産型女子になりたい」と思っている方におすすめです。

どこで買うか迷っているなら、まずはオシフクをチェックしてみてください。

量産型服専門通販Oshifukuへ進む